今日は、仕事帰りにパチンコ寄ってくるから遅くなるって言って出勤したマイダーリン。心の中でガッツポーズ!「遅くなるかっこ」・・何て素敵なヒッ・ビって・キッ。小躍りしながら私も仕事に向かう。車のハンドルも軽やかに いつもよりクルクルするわっ!
車を走らせながら、今晩の予定をたてる。仕事が終わる→家に寄り娘を乗せる→保育所に健太を迎えに行く→行きつけのご飯屋さんへレッツラゴー!これでいくべし。考えただけでワクワクするし仕事も心なしか楽しい。はずが、朝から天然スタッフが雷落とすレベルのヘマをしでかした。でも、ウキウキ気分オーラを纏った私は雷なんて落とす訳がない。黒革の手帳にメモメモ。サクサクと仕事をこなしいよいよ退社時間。呼び止めるスタッフを無視して車に乗り込む→家に寄り娘を乗せた→保育所に健太を迎えに行った→行きつけのご飯屋さんに到着。御飯を食べだした五分後にマイダーリンから電話が?
ダ「今どこ?」 わ「本屋に行きたくてついでに3人でご飯屋さんにきた。今どこ?」ダ「家」わ「?」咄嗟に嘘でコーティングしたけど、急いで食べて帰りました。
遅いって行ったら、10時までは帰ってくるな?!

ドラゴンクエスト11、少しずつ情報が公開されているみたいですね。
個人的に一番驚いたのが、3DS版のグラフィックが3Dモードとドット絵モードの2種類用意されていること。
これ、相当な手間ですよね。スタッフではないので3Dのみに比べて何倍の労力がかかるのかはわかりませんが、
売り上げ効果に見合う作業量増ではないと思います。
それでもあえて2種類のグラフィックを用意した。
スタッフの皆さんの熱い思いを感じます。

近年、ドット絵の文化が見直されてきているように感じます。
スマホゲームやインディーズゲームの発達が大きな理由でしょうか。
3Dグラフィックに比べて「古い」技術ではありますが、
「劣る」技術ではないと思うんですよね。
これは3Dグラフィックのゲームが主流になり始めたころからずっと思っていたことですが、
最近ようやくそれが間違いでない自信が持てるようになりました。

そんな私の今の3DSの壁紙はファイアーエムブレムシリーズの歴代ヒロインが
ドット絵で描かれているもの。
豆知識ですが、ファイアーエムブレムifの背景や戦闘中のキャラグラフィックは3Dですが、
マップ上に表示されるチビキャラはドット絵で表現されています。
3Dグラフィックの得意な分野があれば、ドット絵が得意な分野もある。
両者のうまい共存関係がビデオゲーム文化のスタンダードになるといいですね。