私は株式投資の興味があり、実際自分でも小額ですが株式投資を行なっています。
私が株式投資の参考にするものは会社四季報と会社情報ですが、それ以外に個人投資家のブログなども多いに参考になります。
私が投資の参考にさせてもらっている投資ブログの共通点は、その個人投資家が自分の投資先を全て公開している人のブログは大いに参考になります。
なぜならば、自分のポートフォリオを包み隠さず公開するということは、その人がその株式を自分が構築したポートフォリオ内でどのような位置づけで持っているかをのぞき見ることができるからです。
ただ、多くの人は自分がどの銘柄にどのくらい投資しているのかをほとんど発表せずに一般信用取引を使って得た株主優待券の写真を毎日のようにのせているだけなので、有益な株式ブログを探すのには骨が折れます。
ですから、私は「自分がいいな。」と思った株式ブログはブックマークしてその更新を楽しみにしています。自分がいいなと思えるブログを探すの私の現在の楽しみの一つです。

医療事務と一般事務というのはかなり違う部分がありますから、これはよく理解しておきましょう。別に職場が企業か病院かの違いだけ、というのではないです。明確にやることが違うことになります。特にいえるのか医療事務は業務内容的にやはり医療的なことがあるわけですから、本当に専門的な事務ということになります。そして、公的な保険計算などがありますから、これがまさに専門的な知識がある必要性があるわけです。そして、通常の事務職のように、受付や電話応対、案内とかカルテ管理などもすることになります。別にカルテ管理は書類管理みたいなものですから、そんなに大きな違いともいえるのですが、とにかくそうした業務があります。事務的な業務は医療事務も一般事務も似た様なものであるとはいえるのですが、それでもやはり細かい計算などが多いのが、医療事務であるといえるでしょう。そして、病院の顔のような存在でもありますから、これは十分にやる価値があります。