先月リリースされたスマホ版「どうぶつの森」凄い人気のようですね。
ニンテンドーDSなどでもお馴染みの人気ゲームが、待望のスマホアプリになったということで、リリース前から話題になっていました。
私も、GooglePlayで事前登録して配信開始と同時に即インストールしてやり始めました!
とりあえず、空いた時間にちょこちょことキャンプ場を模様替えしたり、魚を釣ったり、昆虫を捕まえたりしています。
持ち物がいっぱいになったらバザーに出して、貯まったお金で車のローンを返済…、キャンプ場のあちこちにいる可愛いどうぶつ達のお願いを叶える為、毎日せっせと動き回り…なんて文字にしてみると、何だかのんびりスローライフには程遠いような…。
しかし、どうぶつのお願いを叶えたり、友達になってキャンプ場に招待するなど、ノルマをどんどんクリアする事で色んなご褒美やアイテムが貰えます。
今はクリスマス限定イベントが開催されており、こちらもノルマをクリアすることで限定アイテムが手に入るため、私もコツコツ頑張っているところです。
どうぶつの森の良いところは、私のようなゲーム素人にもわかりやすく、レベル上げもどんどん進めやすいところでしょうか。
きっと、この先もどんどん改良されて、イベントなども随時更新されると思うので、とっても楽しみですね。脱毛 ミュゼ ログイン

私はあまりスポーツに詳しいわけではないのですが、プロ野球の球団はドラフト会議で選手を獲得しますよね。
他にもテストで採用したり、二軍の選手を育成したりすることもあると思うのですが、世間のイメージはドラフトで採用するイメージが強いと思います。
では、Jリーグのプロサッカー選手には、プロ野球のようなドラフトみたいな制度はないのでしょうか。
なんとなく高校や大学で活躍した選手たちはそのままクラブチームに入ることが多いと思っているのですが、ドラフト会議のようなイベントはありませんよね。
クラブチームと選手とのスポンサー契約みたいなものなのだろうか、と想像したりするのですが、実際はどうなのでしょうか。
サッカー選手の場合には、小さな頃からクラブチームの持つジュニアチームに所属していたり、そのままシニアチームにひっぱられたりすることもあります。
プロ野球選手の採用事情とは大きく異なるような気がしてはいるのですが、まったく詳しいことはわかりません。
こんなにも身近にあるサッカーと野球なのに、いろいろと違った背景を持っていたり、わからないことも多かったりします。
一体サッカー選手たちは、どういう風にしてプロとして活躍するようになっていくのでしょうか。