元朝日新聞で28階層も勤めた女性が立場も高金額も捨てて辞めたというため、それらの積み重ねやスタンスを話した書籍が発刊され話題になっているようで、とある小説にも出ていました。初耳でした。うわべはアフロという奇抜な心中でお世辞にもカワイイとは言えません。でも朝日新聞でそれ程長く勤めたのならその経験話は読みたいですね。いつか、本屋で見つけようと思います。ところでその人が小説で自宅では電力を全然使わないと話していました。夜はベランダへ出て、わが家の照明とかを眺めて妄想しているとか。持ち物もラジオ、灯、PCだけなんて言ってましたね。月額の電気料金は168円と自慢していました。この時点で嘘ついちゃ禁物でしょと思いました。自慢したい気持ちは分かりますが。だって基本売り値で千いくら鳴るんですもん。こんなアッという間にバレる嘘は駄目ですよねえ。でも自宅でそれだけ電気を使ってないと言うことは外部にあるほうが長いということですよね。でも外の方がマネーかかりますよね。バスなんか400いくらですもんね。コインランドリーもそう。外食も自炊よりマネー鳴る。この人、かなり気がついてないのかなあと思って見てました。