医療事務とい一般の事務は相当に違うことになります

医療事務と一般事務というのはかなり違う部分がありますから、これはよく理解しておきましょう。別に職場が企業か病院かの違いだけ、というのではないです。明確にやることが違うことになります。特にいえるのか医療事務は業務内容的にやはり医療的なことがあるわけですから、本当に専門的な事務ということになります。そして、公的な保険計算などがありますから、これがまさに専門的な知識がある必要性があるわけです。そして、通常の事務職のように、受付や電話応対、案内とかカルテ管理などもすることになります。別にカルテ管理は書類管理みたいなものですから、そんなに大きな違いともいえるのですが、とにかくそうした業務があります。事務的な業務は医療事務も一般事務も似た様なものであるとはいえるのですが、それでもやはり細かい計算などが多いのが、医療事務であるといえるでしょう。そして、病院の顔のような存在でもありますから、これは十分にやる価値があります。