ビタミンB郡の摂取で口内トラブルの早期治療を

口内炎や舌炎など口の中に炎症があると、常に痛みを感じますよね。

そんな時、食べ物が患部に当たらないよう、食事に気を使うのも煩わしいです。

そこで、美味しく食事を戴くためにも、ビタミンB群の摂取が大切になってきます。

ビタミンB群は、皮膚や粘膜のビタミン剤とも言われます。

細胞の生まれ変わりを助け、皮膚や粘膜を健康に保つ大切な栄養素です。

ビタミンB群が不足すると、唇や舌の粘膜が荒れやすくなり、口内トラブルが起きやすくなります。

そうならないためにも、ビタミンB群は意識的に摂取することを心がけましょう。

主に、レバーやヨーグルト、うなぎやサバに多く含まれています。

ビタミンB群は汗や尿と一緒に排出されやすいので、こまめに摂取することが大切です。

口内炎は、ビタミンB群の不足だけが原因ではありません。

ストレスの蓄積や睡眠不足、噛みあわせの不具合によっても引き起こすことがあるので、栄養バランス以外にも注意が必要です。

美味しい物を美味しく食べるためにも、日頃から意識的にビタミンB群を摂取して粘膜の保護に努めましょう。

健康あっての楽しい食事ですからね。レディースローン 即日